革靴、パンプス、ブーツの臭いの対策

革靴、パンプス、ブーツの臭いの対策について。

臭い足の臭いを消すのに足を洗うことはもちろんですが、
靴の洗い方や臭いの対策も重要だと思います。

特に革靴を含む下記は蒸れて汗もかきやすく、臭いも付きやすいので
より注意が必要です。

レモンの絞り汁を染み革靴
パンプス
レモンの絞り汁を染みブーツ

湿気を取ることと、臭いの原因になる菌を取り除くことが重要

布製ならきれいに洗って乾かせばいいのですが、革製品はそうもいきません。
ですので、靴から湿気を取り除き乾かすことになります。

また、臭いの大きな原因のひとつは、皮膚に存在する常在菌の繁殖です。
これを消臭剤などを利用して取り除くこともとても重要です。

乾かす以外にも出来る対策と、注意点をご紹介します。

臭くなった際にするべきこと

臭いが付かないように手入れをするのがベストですが、仕事で革靴をはくと
どうしても臭いが付きますので、消臭剤などを利用します。

オススメの消臭剤

下記はテレビや雑誌などで紹介されていて売れています。
私みたいに臭いが酷い方はこういった効果の大きいモノ必要かもしれませんが、
特に酷くない場合は下記記事のように「重曹」を利用してください。
重曹を利用する

>雑誌、テレビ番組で紹介された消臭剤

クリーニング店へ出す

忙しい方はクリーニング店で手入れを頼むのが簡単で
手っ取り早い方法としてオススメします。

リネットの靴のクリーニングを利用する

上記はが少しだけ料金がかかりますので、自宅でのお手入れをを考えて見える貴方には、
下記の方法を試してください。

その他、自宅で出来る臭いの対策
下記それぞれを消臭剤として利用します。

下記のそれぞれを通気性の良い袋や使い古したストッキングに入れて
それを革靴に入れると、消臭効果があります。

レモンの絞り汁を染み込ませた布
コーヒーの搾りかす
重曹約100グラム
お菓子などの商品に入っている乾燥剤
ミョウバンの利用
10円玉の利用

臭くならないための普段からの予防と対策

普段からの予防と対策はとても大事です。
これらをすべて出来れば、臭いはまったく違うと思います。

湿気の取り除く

丸洗いできる物は、洗った後に風通しの良い場所で天日干ですが、
革靴の場合は洗えないので、2日連続で履かずに履いた後は2日間ほど、
風通しの良い場所で陰干しします。

いつも下駄箱に入れておくと臭いが付くので、
たまに出して風通しの良い場所で陰干しする。

靴を2,3日で履きかえて連続ではかない

靴を2,3足でローテーションさせて、はかない靴は風通しの良い場所で
陰干しします。

重曹を利用する

重曹水で靴や靴下にスプレーします。
重曹を利用する

コメントを残す