足の臭いの原因は爪と角質

原因が足の角質と爪と気づいた女性

足の臭いの原因が爪と角質だと、疑ったことありませんか?

足の臭いの原因は様々ですが、その直接的な原因は
爪と角質に有ると思う方は、多いと思います。

それぞれの原因と対処方法

なぜ爪と角質がが足の嫌な臭いの原因になるのでしょうか?

私たちは一日中靴下を履いてますし、靴も履いています。
そこで細菌が発生するわけですが、足の湿気の多い状態は
細菌にとってはうってつけの住処になってしまいます。
それが臭いの原因になりますので、それぞれの対処について、
紹介したいと思います。

爪の間の隙間に注意

爪と指の間に隙間がありますよね。
この隙間は靴下の埃や、垢が溜まりやすい場所です。

これらを長い間放置していることが臭いの原因になります。
また、直接的な臭いの原因になる汗や角質も
溜まりやすい場所ですよね。

この隙間の汚れは簡単には落ちないので、
普段から意識して汚れを取り除く必要があります。

お手入れ方法

お手入れは、特に難しいことではないです。
ただ、日頃からのケアが必要になるので、
定期的にすることで、ニオイのもとを断つようにしましょう。

特に効果的なのが爪のお手入れです。
隙間ができないように、深爪になりすぎないように
気をつけることが単純ですが効果があるようです。

日頃の意識を変えて、取り組むだけでもだいぶ変わりますので、
まずははじめてみましょう。

角質と雑菌

角質が直接的な原因で、臭っていると思いがちです。
でもこれは違います。原因は足の裏の汗を出す汗腺と
そこを住処にする雑菌
です。

ストレスや緊張によっても、たくさんの汗が出ると
考えられていますが、それと同時に臭いの原因となるのが食事です。

外食やファストフードなど、油っ濃い食事を大量に摂取すると、
この汗腺の働きが活発化し、多くの汗をかいてしまいます。

食事については下記で、より詳しくご紹介しています。
足の臭いの原因は食事だった?

足の裏にある角質は剥がれやすく、雑菌は湿気のある
場所を好みます。角質は雑菌の格好の餌になるため、
これが臭いの原因となっています。

密封の状態の靴の中は、汗で湿気があり角質もあるので、
雑菌とっては格好の場所です。

悪臭を抑えるためには、常に足と靴と靴下を
清潔にしておくことが、とても大事だと思います。

対処方法を下記の記事で、詳しく紹介していますので、
参考にして頂けましたら幸いです。

足が臭いの原因は水虫と白癬菌?

コメントを残す