足の臭いの原因は食事だった?

足の臭いの原因が食事だと気づいた女性

足から臭う原因が食事だということがあります。
きれいに洗っているのに、臭いが取れない際には
その可能性も有るので、その点を疑ってみる必要が
あるかもしれません。

足の臭いの原因の一つは、足裏にある汗腺から
分泌される汗ですが、皮膚表面に付着している汚れを
落とすだけでは解決しません。

改善するのは毎日の献立

足裏から分泌される汗は、体質や食生活で異なりますので、
毎日の食事に気をつけることで、不快な臭いの汗をかかないように
することができます。

控えるべき匂いの強い食品

肉類や乳製品などの動物性タンパク質を、控えめに取ることが
大切です。タンパク質の過剰摂取は皮脂の分泌が盛んになり、
汗の臭いがきつくなるだけでなく、量も増えます。

適度な量のタンパク質は栄養のバランスもありますので、
摂取しなければなりませんが、取りすぎは足の臭いの
原因となります。

臭いの強い食品
(にんにく、ニラ等は代表的で言うまでもないですよね。)

アルコール
(ニオイが汗腺に送られます)

インスタント食品
(インスタント食品に含まれている添加物を、
体が排出しようとして不快な臭いがすることがあります。)

食べるべき臭いの出ない食品

反対に下記の食品を積極的に取り入れることで、
足の臭いを防ぐことができます。

緑黄色野菜
(ビタミンやミネラルが多いものを)

大豆製品
(納豆、豆乳、豆腐など)

精白されていない穀物

(玄米や胚芽米は、食物繊維なので良くないものを
体外へ排出してくれます)

もずくやわかめなどの海藻
(これらも穀物と同様の効果が期待できます。)

抗酸化作用のある食材
(なす、そば、しそ、オレンジなど)

果物
魚類

結局は、野菜と魚類など和食のメニューなら
ニオイも改善して体にも良いようですね。

また、消化のことを考えると、メインディッシュの前に、
酵素が含まれる野菜等をを食べることで、消化が促進されます。
また、血糖値の急激な上昇も抑えられるので、
参考になりましたら幸いです。

コメントを残す