足が臭いの原因は水虫と白癬菌?

水虫で臭い、嫌われる女性の足

足が臭いのは水虫が原因、と思う方は多いかもしれません。
結論から言いますと、これは間違いです。
水虫だから臭うということは、ありません。

足が高温多湿な環境にあって、結果的に水虫になった、
ということはあります。また、水虫の原因になっている
白癬菌も無臭です。

高温多湿の状態に注意

足の裏は汗腺が多く汗をかきやすい場所なので、
高温多湿の状態になると蒸れて菌が発生、
それが原因で足が臭くなります。

長時間に渡って革靴やタイツ、靴下などを履いていると、
足が蒸れやすくなり、臭いの原因になります。

迷わず病院へ

こんな症状がある時には、迷わずに病院へ行って下さい。

①足の裏が痒いと感じた
②水疱などが出来ている

私も以前、両方の症状があり、処方してもらったことがあります。
皮膚科でもらった塗り薬で、少しずつ症状が改善してきます。

こういった症状が出た時には、早い段階から治療を
始めて下さい。早ければ早いほど、症状は軽く済むはずです。

通気性の悪い靴、靴下、ストッキング等に注意

臭いの原因は、むしろ靴や靴下です。
特に女性の場合ですが、ストッキングを履く機会が多い方は
注意が必要です。

そういう機会の多い貴女にオススメできるのは、下記の方法。


ストッキングは凄い蒸れやすい素材なので、パンプスの
中敷きを抗菌加工の吸湿性の有るものに換える


また、帰宅後にはその中敷きを、除菌用のシートなどで
拭いて乾かす


こういった中敷きを数枚用意して、1~2日毎に交換する。


ストッキングを履かない時には、普段から通気性の良い靴下、
サンダルなどを着用
する。

これらを実践すれば、水虫、臭い、かゆみなどが防げるはずです。
まずは試してみて下さい。

そういったものが効かない場合は、下記のような製品も試して下さい。

アロメル スプレーで、簡単に足の臭いを消す方法

コメントを残す