足の臭いを消す・対策にはアニセ薬用石けん



足の嫌な匂いを根本と原因から解決してくれるアニセ石鹸

足の臭いを消す方法・対策としてアニセ薬用石けんを
ご紹介します。

この石けんで、根本から解決することが出来ます。

ブログ名が「洗う以外で・・・」としたので矛盾しますが、
足を洗うことに特化した、石けんを記事にします。

気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」

足のにおいは根本から解決

やっぱり、臭いの原因を取り除くのが一番ですよね?

足の臭いの原因になる物質を洗い流すので、根本から問題を
解決することになります。

利用者の94%がこの石けんの効果を感じていて、
ほとんどの方が、臭いの悩みを解決していることになります。

この石けんは、下記で効かなかった方にオススメしたいと思います。

消臭スプレー
制汗クリーム
ボディーソープの利用

上記の製品でも効く商品は勿論ありますし、当ブログで紹介している
下記などは評判の製品です。

ただ、どうしてもこういった製品は効き方に個人差があったり、
相性もあるので、利用した結果ひどくなった、なんてこともあるようです。

他の製品を進めない理由

他の製品のデメリットと事実はご存知ですか?

また、上記の製品を利用して、デメリットも実はありますので、
紹介してみます。

制汗クリーム・制汗剤

症状が軽い場合には、これでも良いと思います。
私も使っていましたし、実際に効果がありますから。

でも、汗をかく体質は変えられないし、この方法だと誤魔化しているだけ、
なんですよね。

しかも、汗を一時的に止めてしまうと、こんなデメリットがあります。

対外に排出される、毒素や老廃物を体内に蓄積することに。

大事なのは、脇や足から出る汗は他の場所からはでないそうです。
ということは、そこをブロックしてしまうと、そこから出ない
老廃物を体に溜めてしまうことになります。

それが原因で皮膚がどすぐろくなったり、くすんだり
しかもその部位が臭うこともあるそうです。

また、そういった制汗剤の殺菌成分のせいで、
いままで以上に臭くなることもあるみたいです。

これを知ったときは怖くなりました、自分自身も特に夏は
こういった製品を去年まで使っていましたから。

消臭スプレー・消臭クリーム

この話も、制汗スプレー同様に、結構怖いです。

これについてもいまさら知りましたが、匂いを消す
マスキング消臭法」というのがあるそうです。

悪臭の分子を、悪臭よりも強くて良い匂いで、包むんだそうです。

包むだけなので、時間の経過とともに、悪臭は復活します。
結局、こういった商品も臭いを誤魔化しているだけで、
根本から解決するには、遠い話ですよね。

しかも、スプレーを利用し続けることで、雑菌が繁殖して、
臭いがよりきつくなる
ようです。

これだと本末転倒ですよね。

ボディーソープでごしごし洗う

足を洗いすぎるとこんなデメリットが

デメリット①
皮膚の抵抗力が弱くなります

においの原因となる雑菌が繁殖

余計に臭いがきつくなる

デメリット②
ボディーソープには保湿成分が含まれていて、保湿されると、
靴、靴下、ストッキングを履いたとき、ムレの原因になります。

どうやって臭いの原因を取り除くか

臭いを取り除くために出来ること

結局、元となる足の原因物質を取り除く必要があるのですが、
それは下記です。

雑菌の出す排泄物による腐敗臭
この雑菌が繁殖することで、腐敗臭が増加して臭くなります。

高温多湿 x 栄養分  x 弱酸性 = 雑菌の繁殖
(足汗)  (角質や皮脂)

靴の中は、この条件を完全に満たしていますよね。
これらの掛け算で、あの臭いが発生します。

この環境を作らなければ、匂いはしません。
また、この原因物質を洗い落とすことが出来れば、匂いはしません。

足を洗うことはもちろんですが、下記の3つを綺麗に
することが大事です。

靴から湿気を取り除く

丸洗いできる物は、洗った後に風通しの良い場所で天日干し

革靴の場合は洗えないので、2日連続で履かずに
履いた後は2日間ほどは風通しの良い場所で陰干しします。

オフィス内は可能な限りサンダルを履いたり、履き替えましょう。
また、必ず消臭機能のある中敷きのインソールを使うと
とても良いです。

靴下

天然繊維の吸湿性の良い靴下がオススメ。
逆に、駄目なのは化学繊維の製品です。

洗濯しても臭いが取れないことがあります。
こういう時には、こうしてください。

重曹(大さじ2から3杯)を入れた水に一晩つけます。

手洗いしてすすいでから洗剤で洗濯。

アイロンを当てて熱で除菌します。

ここまで面倒に感じますが、確実に効果を感じられるので、
試してみてくださいね。

爪は事前にきれいに切りましょう。

足を洗う前によく濡らして湿らせます。
(一番最後に洗うのがベストです)

石けんをよく泡立てて、ゴシゴシせずに優しく指の間、
爪のわきを洗って綺麗に流します。

しっかりと水をふき取ってください。

洗いすぎがいけない理由

ゴシゴシ洗うと、雑菌の99%が洗い流されます。

雑菌がなくなると、皮膚を保護する雑菌も一緒になくなる

皮膚の表面にある雑菌が、黄色ブドウ球菌が繁殖を防げない

黄色ブドウ球菌が、アンモニア等の臭いを発生させます。

洗っても、すぐに臭くなってしまう貴女へ

毎日の角質のケアは重要です。

でも、下記の方法は絶対に駄目です。

軽石
ヤスリ

これを利用すると皮膚が傷ついたり、刺激が原因で
より角質が出来やすくなる場合も有ります。

含まれる成分

足のにおいを消すのに効果のある、アニセ石鹸

含まれる成分を知ったら、納得して頂けると思います。

これらの問題を解決できるのが、アニセ石けんで、
含まれる成分は下記

木炭

汚れや皮脂を吸着して、足の皮膚を痛めずに
角質を取りのぞきます。

ベンナイト

これは天然粘土鉱物だそうで木炭同様に、
肌に負担を掛けずに、汚れや余分な皮脂を吸着する効果。

柿渋エキス

柿タンニンはポリフェノールを豊富に含んでいて
においの成分を吸着中和して消臭する効果があります。
また、雑菌効果もあります。

ミョウバン

天然鉱物塩の一種で制汗効果があり、アンモニアも中和して
臭いを抑える効果があります。

これらの成分が配合された、医薬部外品の承認を取得済みで、
労働厚生省からも認められる有効な効果や、成分が
配合されていることになります。

もちろん成分は安全

無着色
無香料
パラベンフリー
防腐剤不使用
アルカリ性
有効成分配合
石油系界面活性剤不使用

気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」

実際に利用した方たちに、こんな実験をお願いしたそうです。

アニセ薬用石けんを、1日に1回利用します。
また、この期間には、一切の消臭スプレーや
そういった類のクリーム等は、利用しないという条件で
90日後の帰宅時の足の臭気を測りました。

アニセ薬用石けんを利用する前の、臭気指数33を
100%とした場合に、90日後には94%減少という結果でした。

これって凄いですよね。

こういった悩みがある貴女には、試してほしいと思います。

消臭スプレーの効果が長く続かない
1日に何回も足を洗うけど臭いが消えない
制汗クリームを使っっていたが、より臭うようになった。
お客さんの家に上がるために、靴下を変えてい

日本食品分析センターでの試験の結果が下記。
アンモニアが10分の1以下に
汗の臭いが50分の1以下に
足の臭いが15分の1以下に
ノネナールが17分の1以下に

利用者の口コミ

利用者の声は気になりますよね

今まではお座敷に上がるのがとても嫌でした。
営業の際はお客さんのご自宅へうかがうのですが、
営業車の中で靴下を変える必要がなくなりました、
大感謝です。

販売されているスプレーを試しましたが、いまいち効果も無く、
この石けんを知ることになりましたが、匂いもなくなりとてもうれしいです。

友人に勧められて購入しましたが、今までの悩みが嘘みたい、
ただの石けんだけど、ただの石けんじゃないですね。

今まで購入した制汗スプレー、制汗クリームは無駄になりましたが、
この石けんを知ることが出来て良かったです。

アニセ石けんを開発した、サンエイ株式会社はこんな会社。

消臭インソールや消臭靴下を販売していて
お客からの多かった相談が「夏の足の臭い」だそうです。

女性がミューズやパンプスを履いて、消臭インソールや消臭靴下を
利用できないことで、石けんについての問い合わせも増えるそうです。
このことが結果的に、このアニセ石けんを生み出したそうです。

気になる貴女は下記からどうぞ。
気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」



コメントを残す